ふしぎな國・日本 (1983)

東京と山口県美祢市を舞台に、チグハグで愛すべき“日本人”を明るく、鮮やかに描く。脚本は、紺野八郎、監督は。松林宗恵、撮影は、長沼六男がそれぞれ担当。出演:中井貴一、植木等、中村メイコ、財津一郎、玉川良一、森繁久弥ほか

ふしぎな國・日本 (1983)のあらすじ

東京・××病院。院長の大山徳三(植木等)を先頭に回診の列が続いている。その横の公衆電話で、たった今丈夫な男の子が生まれたと、山ロ県美祢市の実家に連絡している憲。電話のむこうでは、憲の考えた子供の名前「昂」が気にいらないと、父親の頑太郎が烈火のごとく怒っている。美祢の名所大岩郷。セメント工場の診療所の医者大山貫一(中井貴一)は、自分が原因でケガをした頑太郎(財津一郎)の娘かつ枝(紺野美沙子)の手当てをしている。この出会いから、若い二人の間に恋が芽ばえていった。“大山細田”二枚の表札が掛かる門構えの邸宅。大山は、ゴルフ帰りの妻淑子(中村メイコ)をつかまえ、貫一が家を出たのはおまえのゴルフ三昧が原因だとなじるが、あなたのような算術医者になりたくないからだと逆にやり返えされる。そんなことより貫一に戻ってもらうことを、もっと真剣に考えろと二人を諭す淑子の父細田老人(森繁久弥)。大山家の近くの小公園。細田老人、小柳老人が日差しを浴びていつものジジイ会談を始めている。頑太郎が孫の顔を見に行く東京の病院が親父の所と知った貫一は、お世話になっている知り合いの人だから入院代ぐらいはあまりがめつく取るなと頼んだが、大山は、久しぶりの息子からの電話に大喜びで、特別室を用意したり、鯛を差し入れたり。貫一とかつ枝は結婚の決意をするが、頑太郎は東京の病院での一件を理由に金持ちはダメだ諦めろと許さない。諦めきれない貫一は、東京へ戻り、裸一貫になって出直すので、籍を抜いてほしいと頼む。驚くばかりの大山夫妻に「親の務めじゃ、貫一と一緒に先方へ行き、話し合って来なさい」と細田老人の力強い発言。貫一とかつ枝はめでたく結ばれることになった。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 幸福のアリバイ〜picture〜 (2016)

  2. 寝ずの番 (2006)

  3. 記憶にございません! (2019)

  4. 竜馬の妻とその夫と愛人 (2002)

  5. グッドモーニングショー (2016)

  6. 花戦さ (2017)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。