F2グランプリ (1984)

“日本一速い男”の座を賭け、100分の1秒の世界で苛烈なレースをくりひろげるレーサーたちの姿を描く。海老沢泰久原作の同名小説の映画化で、脚本は、長田紀生、監督は、小谷承靖、撮影は、上田正治がそれぞれ担当。

出演:中井貴一、田中健、石原真理子、峰岸徹、勝野洋、森本レオ

F2グランプリ (1984)のストーリー

F2シリーズの第2戦。トップ競いが4台のマシンでくりひろげられていた。元チャンピオンの宇佐美(木之元亮)がトップ。それを追う三年連続チャンピオンの佐々木(峰岸徹)。続いて永遠のNo.2井本(田中健)、F3からステップ・アップした中野(中井貴一)。佐々木と井本の競いで、二台のマシンは接触した。井本のマシンは宙を飛び、宇佐美のマシンに舞い降りた。宇佐美は即死した。井本は夏芝の中に何故か枯草の匂いを嗅ぐ。兄の死に直面した中野の恋人・宇佐美しのぶ(石原真理子)は、彼に兄と同じ影を予感しおびえ、別れ話を言い渡した。中野はラリー車のテスト走行で事故を起こし、左足骨折という重傷を負う。しのぶは病院に駆けつけ看護した。二人の愛の日々が続くが、中野は速く走ることにとりつかれていた。それを知ったしのぶは病院を飛びだした。

9月の第4戦、井本はまた佐々木に負けた。抜くチャンスはあったが、あの枯草の匂いがおびえさせたのだった。中野は完治していないため、完走できなかった。だが、デモン自動車の有田とチャンピオンタイヤの永井が眼をかけており、デモンエンジンと超高速ラジアルが中野のマシンに装着されることになった。関東テレビの村上(森本レオ)は井本の瞳に獣の光を呼び戻そうと必死だった。F2シリーズ最終戦。井本がポール・ポジションを獲得した。中野は二番手となるが、二度目のトライアルで佐々木の妨害にあい、スポンジバリアに激突、マシンを大破させてしまう。だが、オーナー監督の藤巻らの徹夜の修復でどうにか走れるようになった。決勝レース、佐々木、井本、中野の競いとなった。佐々木のマシンは故障してリタイア。中野はトップを走っていたが、観客席の紙コップが宙に舞い、彼のマシンのスクリーンにあたりマシンは回転した。その間に井本がトップに出て優勝。中野は惜しくも二位となった。表償式のさ中、井本に教えられて中野が観客席を見ると、そこにはしのぶがいた。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ヘブン・アンド・アース (2003)

  2. 愛を乞うひと (1998)

  3. 化粧 (1984)

  4. アゲイン 28年目の甲子園 (2015)

  5. 鳳凰 わが愛 (2007)

  6. ビルマの竪琴 (1985)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。