ステキな金縛り (2011)

深津絵里扮する三流の美人弁護士が落ち武者の幽霊(西田敏行)と共に難事件の解決に挑む。ミュージカル風の展開に抱腹絶倒、最後にはちょっぴり泣ける法廷コメディだ。阿部寛、竹内結子、草なぎ剛、浅野忠信ら三谷組初参加となる豪華スターの競演にも注目。

出演:深津絵里、西田敏行、中井貴一、KAN、阿部寛、竹内結子、草なぎ剛、浅野忠信

ステキな金縛り (2011)のストーリー

妻殺しの容疑で逮捕された矢部五郎(KAN)の弁護を担当する宝生エミ(深津絵里)は、将来性ゼロの三流弁護士。殺人現場の証拠は矢部が犯人であることを示唆しており、勝てる見込みのない裁判だった。矢部はエミに「証拠は私を犯人に仕立てるためのトリックで、その日は旅館で一晩中金縛りにあっていた。落ち武者が私の上にまたがっていて動けなかった」とアリバイを証言し無罪を主張する。ありえないアリバイであるために、エミは矢部が殺人を犯したのではないかと疑ったが、矢部が泊まった旅館に赴いた。エミは、矢部に一晩中またがっていた落ち武者・更科六兵衛(西田敏行)に出会う。エミは六兵衛に、法廷で証言するように求めたが、六兵衛はまたがっていたことは認めるも、証言には乗り気ではなかった。しかし、「矢部五郎が本来は無罪であるのに裁かれようとしている」ということを聴き、自身の最期も背信行為をしたとして打ち首にされたことによるため、矢部に同情し、法廷で証言することにした。

しかし、六兵衛は特定の条件を満たす人にしか見えない。そこでエミは、六兵衛の息は誰でも感じることができることから、フエガムの音を用いて証言に利用したり、砂鉄を使って六兵衛が実際に法廷内にいることを証明しようとした。

対する検事・小佐野徹(中井貴一)は非科学的なことを嫌っており、「見えない」六兵衛を存在するものにさせようとする一連のエミの試みはトリックであり、法的に無効であると主張する。それに対し、エミは六兵衛の助けを借りて、小佐野も実際には六兵衛が見えているということを証明し、小佐野はその存在を認めた。幽霊が証言台に立つという前代未聞の裁判が始まることになった。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 花戦さ (2017)

  2. 竜馬の妻とその夫と愛人 (2002)

  3. ふしぎな國・日本 (1983)

  4. 記憶にございません! (2019)

  5. グッドモーニングショー (2016)

  6. 幸福のアリバイ〜picture〜 (2016)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。