お引越し (1993)

離婚を前提に別居に入った両親を持つ11歳の少女の揺れ動く気持ちの葛藤と成長を、周囲の人々との交流を通して描くドラマ。相米慎二の10作目の監督作。第一回椋鳩十児童文学賞を受賞したひこ・田中の同名作品を原作に、これがともに劇場映画デビューとなる奥寺佐渡子と小此木聡が共同脚色。撮影は、栗田豊通が担当。ヒロインの少女・レンコは八二五三名の応募の中からオーディションにより選ばれた新人・田畑智子が演じた。相米作品にとっては初めての京都ロケ。キネマ旬報ベストテン第二位。

出演:田畑智子、中井貴一、桜田淳子、森秀人

お引越し (1993)のストーリー

小学六年生の漆場レンコ(田畑智子)は、ある日両親が離婚を前提しての別居に入り父ケンイチ(中井貴一)が家を出たため、母ナズナ(桜田淳子)とともに二人暮らしとなった。最初のうちこそ離婚が実感としてピンとこなかったレンコだったが、新生活を始めようと契約書を作るナズナや、ケンイチとの間に挟まれ心がざわついてくる。同じく両親が離婚している転校生のサリーの肩を持っては級友たちと大喧嘩したり、クラスメイトのミノルと話すうち思いついた、自分の存在を両親に考えさせるための篭城作戦を実行しかけてみたり。家でも学校でも行き場のなさを感じたレンコは、昨年も行った琵琶湖畔への家族旅行を復活させればまた平和な日々が帰ってくるかも知れないと、自分で勝手に電車の切符もホテルも予約してしまう。ホテルのロビーでレンコとナズナが来るのを待っていたケンイチは、もう一度三人でやっていきたいと語るが、その態度にナズナは怒る。その場を逃げ出したレンコは不思議な老人・砂原(森秀人)に出会う。砂原との温かいふれあいに力を得たレンコは、祭が最高潮を迎え、群集で賑わう中をひとりでさまよううち、琵琶湖畔で自分たち家族のかつての姿を幻視する。かつての幸福だった自分に向けて『おめでとうございます』と大きく手をふるレンコ。夏も終わり、レンコにとって、ケンイチやナズナにとって新しい風が吹きこもうとしていた。

  • コメント: 0

関連記事

  1. F2グランプリ (1984)

  2. 鳳凰 わが愛 (2007)

  3. RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 (2009)

  4. 連合艦隊 (1981) : Imperial Navy

  5. 愛を乞うひと (1998)

  6. 日本の黒い夏 冤罪 (2000)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。