亡国のイージス (2005)

「戦国自衛隊1549」の人気作家、福井晴敏の原作を、阪本順治監督が映画化。鉄壁の防御を誇る海上自衛隊のイージス艦でのクーデター事件を通し“国防”の意味を問う問題作だ。

監督:阪本順治、出演:真田広之、中井貴一、寺尾聰、佐藤浩市、勝地涼、原田芳雄、吉田栄作、安藤政信

亡国のイージス (2005)のあらすじ

海上自衛隊のイージス艦“いそかぜ”が、副艦長の宮津(寺尾聰)と某国工作員ら一派に乗っ取られる。特殊兵器を携え、日本に宣戦布告した彼らに対し、なす術がない政府。が、1人の乗組員、仙石伍長(真田広之)が孤独な抵抗を試みる。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 燃ゆるとき (2006)

  2. お引越し (1993)

  3. F2グランプリ (1984)

  4. ヘブン・アンド・アース (2003)

  5. RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 (2009)

  6. 連合艦隊 (1981) : Imperial Navy

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。