麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜(2012)

ベストセラー作家・東野圭吾の人気シリーズが原作の大ヒットドラマ『新参者』の劇場版。飄々とした存在感がハマり役となった主演・阿部寛ほか、おなじみのレギュラー陣に、中井貴一、新垣結衣という映画ならではの豪華ゲストが参加。土井裕泰がメガホンを握り、深みある人間ドラマを繰り広げる。
監督:土井裕泰
キャスト:阿部寛、中井貴一、松坂桃李、新垣結衣、溝端淳平、菅田将暉、山﨑賢人、柄本時生、田中麗奈、竹富聖花、聖也、黒木メイサ、山﨑努、鶴見辰吾 ほか

麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜(2012)のあらすじ

ある夜のこと。日本橋の欄干にもたれかかる男・青柳武明(中井貴一)を巡査が目撃する。男の胸にはナイフが刺さっていた。どうやら男は死にかけた状態でここまで歩いてきて、力つきたようだ。その後、男は病院で死亡してしまう。
加賀(阿部寛)と松宮(溝端淳平)も参画して事件の捜査が始まる。その中、事件直後に若い不審な若者(山﨑賢人)が現場から逃走中にトラックにはねられ、昏睡状態に陥っていることが分かった。「彼が人殺しをするはずがない」と否定する恋人(新垣結衣)。しかし、彼の持ち物からは被害者・青柳武明が持っていた財布と書類鞄が発見される。そして、被害者とのある関係が浮上したことから、警察は不審な男を犯人と断定し裏付け捜査を進めてしまう。
裏付け捜査を進める加賀たちは、青柳武明の持ち物を家族に確認すると、被害者家族の知らない持ち物が明らかになり、父とも元水泳部の息子(松坂桃李)との間に溝が出来ていたことが引っかかってくる。一方、被害者が部長を務めていた会社で「労災隠し」が発覚し、その責任が被害者にあることが公になる。このことで被害者家族は一転して世間・学校からのバッシングにさらされてしまう。
果たして、若い男は犯人なのか。被害者はなぜ瀕死の状態で日本橋まで歩いてきたのか。加賀と松宮はその真相に挑む。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 嘘八百 (2017)

  2. プリンセス トヨトミ (2011)

  3. マークスの山 (1995)

  4. 陰陽師II (2003)

  5. 嘘八百 京町ロワイヤル (2020)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。