アゲイン 28年目の甲子園 (2015)

元高校球児たちが憧れの甲子園を目指して白球を追う“マスターズ甲子園”をテーマにした人間ドラマ。とある事件によって甲子園への夢を絶たれた元球児たちが、過去を清算するべく、再び白球を追う姿が父親と子供たちのドラマを交えてつづられる。中井貴一、柳葉敏郎らが野球に挑戦し、実際に甲子園球場で撮影が敢行された。

監督:大森寿美男。出演:中井貴一、柳葉敏郎、波瑠、和久井映見、門脇麦、工藤阿須加、

アゲイン 28年目の甲子園 (2015)のあらすじ

元高校球児の坂町(中井貴一)は妻を亡くし、娘(門脇麦)とも絶縁状態の寂しい毎日を過ごしている中年男。そんな彼の前に元チームメイトの松川(仲野太賀)の娘(波瑠)が現れる。父親を震災で亡くし、遺品の中からチームメイト全員に宛てた27年分の年賀状が見つかり、なぜ出さずにいたかを知りたいという。実は28年前、彼らが甲子園への夢を絶たれたのは松川が関係していた。

  • コメント: 0

関連記事

  1. RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語 (2009)

  2. 燃ゆるとき (2006)

  3. F2グランプリ (1984)

  4. ラブ・レター (1998)

  5. 連合艦隊 (1981) : Imperial Navy

  6. お引越し (1993)

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。